[PR] WordPressが利用可能なレンタルサーバー比較一覧

無料ブログサービスよりもWordPressをおすすめする理由

無料ブログサービス(Blogger、Thumblr、はてなブログなど)は手軽に始められる点で人気ですが、WordPressをおすすめする理由には以下の点があります。

  1. カスタマイズ性
    無料ブログサービスではテンプレートの選択肢が限られており、デザインや機能の自由度が低いことが多いです。一方、WordPressは豊富なテーマとプラグインを利用できるため、自分のブログを自由にカスタマイズすることができます。
  2. SEO対策
    WordPressはSEOに強いプラットフォームです。Yoast SEOなどのプラグインを使用することで、検索エンジンでの順位を上げるための詳細な設定や分析が簡単に行えます。
  3. 所有権とコントロール
    無料ブログサービスでは、プラットフォーム側のポリシーやサービス終了などの影響を受けるリスクがあります。WordPressを使う場合、独自ドメインとレンタルサーバーを利用するため、ブログの所有権とコントロールはユーザーにあります。
  4. 広告と収益化
    無料ブログサービスでは、プラットフォーム側の広告が表示されることがあります。WordPressならば、自分のブログに表示する広告を自由に選び、収益化の手段も多様に設定できます。

レンタルサーバーの必要性

  1. ホスティング環境
    WordPressはPHPで動作し、データベースとしてMySQLを使用するため、これらをサポートするホスティング環境が必要です。レンタルサーバーはこれらの要件を満たすため、WordPressの運用に最適です。
  2. 安定性とパフォーマンス
    レンタルサーバーは、専用のサーバーリソースを提供するため、ブログの表示速度や安定性が向上します。無料のホスティングサービスでは、リソースが共有されるため、パフォーマンスが低下することがあります。
  3. セキュリティ
    レンタルサーバーは、セキュリティ対策がしっかりとされています。SSL証明書の提供や定期的なバックアップなど、安心してブログを運用するための機能が充実しています。
  4. サポート
    レンタルサーバーの多くは、専門のサポートチームを提供しており、技術的な問題やトラブルが発生した際に迅速に対応してもらえます。

レンタルサーバーの選び方

  1. サーバーの種類
    共有サーバー、VPS(仮想プライベートサーバー)、専用サーバーの中から、予算や用途に応じて適切なサーバーを選びましょう。一般的なブログ運営には共有サーバーがコストパフォーマンスに優れています。
  2. サーバースペック
    ディスク容量、メモリ、CPUなどのスペックを確認し、自分のブログの規模や予想されるトラフィックに適したものを選びましょう。
  3. 価格
    レンタルサーバーの料金はプランによって異なります。初期費用や月額費用、契約期間などを比較し、自分の予算に合ったプランを選びましょう。
  4. サポート
    日本語でのサポートが充実しているか、24時間対応しているかなど、サポート体制を確認しましょう。特に初心者の場合、サポートが手厚いレンタルサーバーを選ぶと安心です。
  5. 口コミと評価
    他のユーザーの口コミや評価を参考にすることも重要です。信頼性やパフォーマンスに関する情報を収集し、評判の良いレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。
  6. 追加機能
    無料SSL証明書の提供や、自動バックアップ機能、メールアカウントの設定など、追加機能が充実しているかも確認しましょう。

レンタルサーバーサービス

WordPress対応でランニングコストが月額500円以下の有料レンタルサーバーと無料で運用可能な無料レンタルサーバーをリストアップしています。

ご自身のニーズと予算、ドメインと同時に申し込み、コストパフォーマンスなどを考慮してレンタルサーバーを選びましょう。

有料レンタルサーバー

  初期費用 月額 容量 MySQL ドメイン
シンレンタルサーバー 0円 539円~ 300GB 無制限 無制限
さくらのレンタルサーバ
0円 500円~ 300GB 50 200
ロリポップ! 0円 220円~ 350GB 50 200
エックスサーバー 0円 495円~ 300GB 無制限 無制限
value-server 0円~ 137円~ 25GB 1 4
99YENレンタルサーバー 2,000円 199円~ 15GB 1 無制限
CORESERVER 0円 220円~ 200GB 10 50
XREA 0円 209円~ 200GB 10 64
リトルサーバー 920円 150円~ 20GB 3 無制限
スターサーバー 1.650円 220円~ 160GB 1 50
スタードメイン 0円 ドメイン代 20GB 1
Quicca Plus 0円 220円~ 5GB 1 1
minim 1,188円 59円~ 1GB 1 1
EXTREM 0円~ 104円~ 2GB 3 30

 
おすすめレンタルサーバー個人的なおすすめはドメインとレンタルサーバーがセットで契約できる「value-server」「スタードメイン」あたりがランニングコスト 200円 / 月 を割っていてコスパがよいと思います。

minim」は月額100円未満という価格帯でサービスを提供しており、他の大手サービスと比べるとサーバーの性能が若干低く、表示速度も遅めです。しかし、これが問題でなければ、年間1,000円未満での運用コストは非常に魅力的でしょう。

 

無料レンタルサーバー

  月額 MySQL / 容量 SSL ドメイン 広告
スターサーバーフリー 無料 1 / 2GB 1 モバイル
XREA 無料 5 / 10GB 1 あり
エックスサーバー 無料 5 / 10GB 1 あり
シンクラウド for Free 無料 5 / 10GB 10 なし
シンブログ 無料 10 / 3GB 10 モバイル
おすすめレンタルサーバー

無料サーバーにも関わらず有料サーバー並みの性能で運用できる「シンクラウド for Free」一択です。モバイル・PCともに広告が非表示で、SSLと独自ドメインにも対応、データベースも5個、表示スピードも早く文句なしの性能です。

唯一の問題点は、登録の難しさです。新規登録にはデータベース認証が必要で、他のレンタルサーバーで運用していないと認証が通りません。これは初心者にとってハードルが高いかもしれませんが、運用経験のある方にとっては大きな問題ではないでしょう。

他の無料サーバーは広告が表示されたり、SSLに対応していなかったりと一長一短があります。そのため、月100円程度のコストをかけてもかまわないのであれば、無料サーバーよりも有料サーバーを選ぶことをおすすめします。有料サーバーであれば、登録の簡単さ、サポートの充実、性能の安定性、広告の非表示など、多くのメリットがあります。

関連記事